So-net無料ブログ作成
検索選択

TWI導入中間報告 [勉強会議事録]

あとで読む
TWI導入中間報告


2010年8月7日
モデレータ:Vivian・邹氏



  • TWIとは
    • 概要
      TWI研修は、TWIとはTraining(訓練)Within(内の)Industry(企業)for supervisors(監督者の方々のための)の頭文字をとったものである。
      日本では、労働省(現在の厚生労働省)によって輸入された。2010年現在、日本産業訓練協会(日産訓)や都道府県職業能力開発協会などを中心に、広く行なわれている。
      内容は、決められたシーケンスに従って行うような仕事、例えば工場の従業員のような人たちを想定したものある。従って、営業マンなどホワイトカラーの仕事には講習の内容が必ずしもそぐわないこともある。
    • 歴史
      TWI研修は、チャールズ・R・アレンがヨハン・フリードリヒ・ヘルバルトの4段階教授法と職業分析を適用したものが元になっている。第二次世界大戦当時、米国の技術者たちにより広められた。
      日本では、下記の歴史をたどり、実施されている。
      1950年、日本に導入される。
      1973年、現在も使用されている手引書が発行される。
      1982年、手引書の内容が一部改定される。
      1992年、改定増補版の手引書が発行される。(2002年現在も使用されている)
    • 内容
      • JI(Job In-struction)仕事の教え方
      • JM(Job Methods)改善の仕方
      • JR(Job Relations)人の扱い方
      • JS(Job Safety)安全作業のやりかた
        1968年に、日本産業訓練協会によって追加された。

  • 経緯
    2009年末にTWIを推進する方針を決定.管理部門が推進を担当(主査と補佐の2名)
    TWI-JTの研修を上海にて受講.
    TWIの趣旨を経営者に対して説明
    2010年3月活動をスタート
    TWI-JTの勉強会:組立工程の経理,課長,組長,ライン長を対象とし,10人一組・2時間×5回の研修を8月までに5回実施した.
    作業分析シート:基本作業と特殊作業について作業分解シートを作成.モデルラインでは,工程スキルマップを定義.
    モデルラインの選定基準は以下の通り,
     ・生産量がある,人員の流動性が高い.
     ・品質・生産性が安定しない.
     ・増産予定がある.
  • 活動状況
    トレーナー認定基準を策定
    TWIのトレーニングを10時間受けていること.半年以内に30人に対しトレーニングを実施していること.トレーニングは「指導観察表」で評価.
    今後はトレーニーの感想も評価に取り入れたい.

    TIW導入の効果測定指標を決定
    • 期間:TWIで指導訓練後,その作業者が目標生産性の90%を達成できる期間.
    • 品質・生産性の推移:工程内不良,直接生産性(可動率).これはTWIの成果と言うよりは,現場の努力成果としている.
    • 実感調査:トレーニーの感想

    実ラインで作業分解シートを作成
    対象ラインを選抜.組長とライン長が作成し,課長が承認する形とした.

    計画と実施の監視
    • 訓練予定表を作成.多能工計画と連動させてある.
    • 週次の生産計画会議時に,訓練予定表に実績を入れ進捗をレビューしている.
    • 作業員の熟練度は毎日評価.
    • 結果をレビューし成果をほめる.

  • 推進のポイント
    • 会社方針になっていること.
    • 適切な推進者の選定すること.
    • 管理指標の策定と,その信憑性の裏付けを確保すること.
    • 資格認定精度を設定すること.

  • 議論
    TWIの評価指標に品質と生産性をおいているが,TWIが力を発揮するのは,作業者に作業方法を教える部分.したがって継続的に品質・生産性を改善するためには,TWI-JI以外の方法を組み込む必要がある.
    作業分解シートに落とし込んだ作業が,将来にわたって最善の品質・生産性を保証できる方法とは限らない.TWIと継続的改善活動の役割分担と接点を明確にしておく必要がある.
    実感調査に関しては,教える側,教えられる側ともに充実させたいと思っている.
    今後の取り組みとして,生産議事粒門を推進部門としてTWI-JMを導入したい.
    活動を始めてみて,TWIが再度注目され始めているのを感じる.日立系列の工場が盛んにTWIを導入し始めている.
    人気ブログランキングへ

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。