So-net無料ブログ作成

メンタルヘルス [コラム]

あとで読むフォックスコン(富士康)で今年に入って11件目の自殺が発生した.

5月25日朝,フォックスコンに入社してまだ42日立っていない湖南省出身の男子作業員・李海(19)が5階から飛び降り死亡.宿舎から家族宛の遺書が見つかり自殺と断定.
警察によると遺書には,現実と将来の希望に差がありすぎ心理的プレッシャーが大きく,生きてゆく自身を失ったと書かれていたそうだ.

フォックスコンでは,2010年に入って僅か5ヶ月の間に,11件も自殺および自殺未遂事件が発生している.
1月23日:19歳男子従業員・死亡
3月17日:新人女子従業員
3月29日:23歳男子従業員・死亡
4月 6日:18歳女子従業員
4月 7日:18歳女子従業員・死亡
4月 7日:22歳男子従業員・死亡
5月 6日:24歳男子従業員・死亡
5月11日:24歳女子従業員・死亡
5月14日:21歳男子従業員・死亡
5月21日:21歳男子従業員・死亡
5月25日:19歳男子従業員・死亡

ローカルタブロイド紙『東莞時報』にはフォックスコンで働いていた女性・青桐(28)にインタビューをし,その談話を掲載している.
  • フォックスコンは『血汗工厂』ではなく,『铁血工厂』
    「血と汗の工場」と言うのは,劣悪な環境に放り込まれ,労働搾取されるような工場を指す.フォックスコンは宿舎の環境も良く,『血汗工厂』と言うわけではないが,『铁血』,つまり激しい競争環境にさらされている.
  • フォックスコンで何人も自殺者が出るわけは?
    フォックスコンに入ってくるような作業者は,簡単な作業が出来るだけの若者であり,社会に出ても周りと歩調を合わせられない,競争心も無い,心も体も成熟していないものが多い.フォックスコンのように中国国内でも最先端の設備,最先端の管理技術を持っている企業では,作業員と企業間の矛盾が突出しやすい.
  • それでもなぜ多くの人がフォックスコンで働きたがっているのか?
    問題点は,彼らが飛び降り自殺をすることではなく,なぜ自殺をする前に離職しないのかと言うことだ. 別の工場に勤めても,同じ様にベルトコンベアで無味乾燥の繰り返し作業.彼らには他の能力など無いのだ. 作業員の流動も激しく,宿舎の同室の友人も頻繁に変わる.自分で自由になる時間もない.気を紛らわす趣味も無い.
  • 作業員の宿舎での生活はどんなか?
    昔の国営企業のように冠婚葬祭何から何まで丸抱え,と言うわけには行かない.個人を尊重し,個人のプライバシー・行動を尊重しなければならない.そのため他の問題も発生している.頻繁に作業員が入れ替わるので,同室の作業員同士でも会話が無い,お互いの関心が薄い.
  • フォックスコンは作業員に対する心のケアは十分か?
    企業と言うのは,保険や保障,宿舎,食堂,休日,職場環境など福利を提供することは出来るが,従業員の心や人間関係に対する助けはほとんど無い.例えて言うならば,企業はダンスパーティを開いてくれるがダンスのパートナーをくれるわけではない.企業はチャンスと場所を提供してくれるが,細かなことまで一手に面倒を見てくれるわけではない.企業は従業員に関心が無く,リーダも膝を交えて話をしてくれるわけではない,と言うが,40万人の工場のリーダにそれを要求するのは現実的ではない.
  • 『一跳十万』と言う高額の賠償金が作業員の自殺願望を刺激していないか?
    可能性はある.十万元という金額を聞いて,自分が何年かかって稼げるのかと考えたら,そういう気持ちになることもあるだろう.フォックスコンは死者の家族に対しては,しみったれた事はしない.去年仕事のプレッシャーで自殺した孙丹勇の遺族には一時賠償金35万元,更に父母に毎年3万元,扶養費5万元を終身支払っうことにした.しかし孙丹勇の場合は会社が原因で自殺したが,個人的原因で自殺した場合はそんなに賠償金がもらえるはずは無い.
  • 工場の中には階層差別による従業員間の矛盾はなかったか?
    大陸幹部或いは台湾幹部の間では矛盾はあるが,作業員には無い.個人的な考えでは,高級幹部は特別なキャリアパスを歩いて,時間を節約している.実際中国にある世界500強にはいるような企業の舵取りをしている人たちや,大中華地域の総裁の大部分は,シンガポール人,マレーシア人,香港人だ.そのような外国籍の人たちが見ることが出来る資料は,同クラスの中国人職員には見ることは出来ない. しかし作業員にとっては差別になっていると言うより,彼らが羨ましいだけだ.
  • 聞くところによると,フォックスコンの保安係は不法に従業員を罵声,殴打,監禁していると言うが,本当か?
    そのような伝聞があるのは確かだが,そのようなことが行われているのを見たことは無い.自分は作業現場にいたので,保安係の事は全く分からない.
  • 何か外部の原因がフォックスコンの頻発する飛び降り自殺の遠因になっているか?
    社会と企業の真の姿を宣伝するものはほとんど無い.父兄も多くの若者も企業の中の真の状況を知ることなどできない.例えば自分が学生だった頃に,ブルーカラーの出稼ぎ生活を描写したものなどほとんど無かった.
  • 同じ事件が発生するのを防ぐために,フォックスコンは何をすべきと思いますか?
    フォックスコンでは,企業と作業員の矛盾が突出し,この様な事件が発生した.私に言わせれば,作業員自身の問題をごまかすことなく,作業員自身の問題を極力解決し,彼らに企業の現実を理解させる必要がある.若者にはブルーカラー,出稼ぎ労働者の本当の環境を理解させなくてはいけない.遅れている部分に注意を払い,人々が適応できるように助けてやら無ければならない.


この青桐と言う女性は28歳で元フォックスコンで作業者から現場の主管にまでなった人です.何となく話の論調が老成していて,この年代の女性の発言にしては,似つかわしくないようです.新聞記事に政治的な着色があるのかもしれません.(こういうことを書くと,またこのブログが中国で閲覧禁止になるかもしれないけど・苦笑)

単調な作業の繰り返しと,自分の将来への不安があり,それを話し合う家族や友人もいないと言う孤独感が,若者を死に追いやっているのでしょう.フォックスコンは工場に高僧を招いて死者の魂を慰めているようですが,まだ生きている人たちにしなければならないことがたくさんあるはずです.


人気ブログランキングへ



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。